スポンサード リンク

2010年05月11日

なめこの栽培方法はこれ

最近、なめこの栽培について勉強しました。

詳しい人に教えてもらったのですが。




ナメコは、モエギタケ科のきのこで、秋が旬な時で
10月下旬から12月はじめにとることができます。

ナメコは、ブナ木などの広葉樹の枯れ木や倒木など
できる秋の代表的なキノコです。



大きさは、キノコ傘の直径が3〜8cmで、表面が
茶色い色をしています。



今現在、どこのスーパーでも買えるなめこは、おがくずで作られたもので
天然のナメコと比べると味はかなり劣るようです。

スーパーでも十分においしいんですけどね。


天然栽培のなめこは、市販の物とは全く違うものと感じるぐらいおいしいようです。

食べてみたいですねー。




なめこの栽培方法は結構手間がかかります。

まずはあまり気温が上がらないところ。

夏でも25度以下のところがいいらしです。




水が良くはけて、湿気の強い日陰がよいのですが
自分の家の庭でもつくれますよ。

庭の隅を10センチぐらい堀り、ぼだ木を感覚を空けずに
植え込みます。

日差しがあたるところは避けましょうね。



植えたぼだ木の上に、鹿沼土、腐葉土をかけます。

表面が少し見えるぐらいがいいですよ。

さらにその上にワラをたっぷりとかけて水をまいてください。


あとは雨にまかせればいいですが、雨が少ないところでは
週2回程度水をまくよにしましょう。


ここまでを7月の夏の時期にすませて、次の作業は10月です。

10月のはじめに、表面の葉を半分ぐらい取り除きます。

ここで気をつけるのは湿度。



90%近い湿度が必要なので水まきに神経を使いましょうね。

定期的に注意して乾かないようにしましょう。

この状態にしておけばおいしいなめこが出来上がりますよ。
posted by lion at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

サーカス見たくて開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。