スポンサード リンク

2010年06月12日

自営業などの国民年金の障害年金受給資格

自営業者は国民年金に加入しています。

この国民年金加入者の障害年金はどうなっているのでしょうか??


まずはしっかり保険料を納めていることが重要です。

厚生年金と違って国民年金は給料天引きではないので、
未納や滞納をしている多くいます。

障害年金を受ける原因となる疾病に関する初診日の月の
前々月までに公的年金に加入しないといけない期間の
3分の2の保険料納付が必要です。

免除期間も含めれるので「納付済み+免除済み」で
3分の2です。

よく「3分の2要件」なんていわれていることですね。

国民年金は20歳から加入しないといけないので
現在40歳であれば、加入期間が20年あります。

この20年の3分の2にあたる13年3ヶ月の保険料
納付が必要なんですね。

実際は初診日が・・・などがあるのでもうちょっと計算
が必要です。



ただし、特例が存在します。

初診日の属する月の前々月の前の1年に未納がない場合は
障害年金の受給資格を得れるようです。

直前で払っているから保険料を払う意思があるとして
認めているのでしょうか??


この2つに該当しない人はさすがに厳しいですが
社会保険事務所に相談してみてはいかがでしょうか??
【関連する記事】
posted by lion at 15:00| 障害年金受給資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

サーカス見たくて開設
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。